読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

才能も実績もない人は大企業にいこう

立場上、就活生の相談をよく受けます。

そこで20000万回くらい聞く質問が、

ベンチャーと大企業どっちにいけばいいですか?」 

というものです。

 

こんな質問をする学生さんには、賭博黙示録カイジの利根川先生の爪の垢を煎じて飲んで欲しいところですが、お答えしましょう。 

 

 

実績、実力ともにある人        →ベンチャー

ウェーイしかしてきてない人 →大企業

 

です。

 

 

以下想定質問集

 

Q.ベンチャーの方が成長できるよね?

A.ベンチャーで成長できるのはベンチャーで生き残れる人だけ。ベンチャーは大手と違って金がない、その分新卒を育てるだけの余裕がない。これは個人の成長という観点では、メリットでもありデメリットでもある。

十分実力がある人や、現時点では実力不足でも激務耐性があるメンタルモンスターであれば、ベンチャーでの長時間勤務と引き換えに、莫大な経験値を手にいれることができるだろう。でも、実力がない、それに耐えうるだけの気合がない人間は心身共にボロボロになってしまう。死んでしまったら経験値もくそもない。ベンチャーは自分の実力を試す場所であり、育ててもらう場所ではないということを認識しよう。

 

 

Q.新卒からベンチャー入社した人で、活躍している人いっぱいいるよ?
A.インターネッツ上の広告で見たのかな?君のお友達という狭い世界での話かな?典型的な生存者バイアス。死人にくちなし。進撃の巨人で例えると、調査兵団の中から、ごく稀にリヴァイ兵長みたいな強者が出てくるけど、大半の凡人が巨人(経営者)に食われて死んでますよね?あれです。

 

 

Q.ホワイトなベンチャーもあるし、ブラックな大企業もあるでしょ?

もちろん例外はある。そうは言っても大企業の方が労働組合が強いことが多いし、レピュテーションリスクも高いので、一般的に法律遵守度は高いし、ワークバランスも優れていることが多い。インターンベンチャーの勤務実態を既に確認済みならばベンチャーもありだが、雇用関係になった途端、勤務環境が悪化というのはよくある話(学生はお客さんなので無下にすることはない)。

 

 

Q.大企業もこの先どうなるかわからないし、実力がつくベンチャーの方が安全じゃ。。?

A.死んだら元も子もないというのが筆者の考えだが、この考えは至極当然である。

なので、次回は(気が向いたら)大企業にいながら市場価値を損なわない方法を書いていきたい。

 

 

というわけで才能も実績もない人は大企業にいきましょう。

組合ィー俺の雇用を守ってくれーッ!!!!!

 

 

寝ます